講師紹介

講師紹介

スタジオエムカスタッフ

01

渡辺美恵子

02

鍋島由美子

03

近藤明子

04

小林純子

 

05

嘉瀬久美子

06

佐藤亜美

06

織田島 真紀

 

ゲスト講師

001

友田優子
4歳より札幌舞踊会でバレエを始める。1959年東京新聞全国舞踊コンクール第1位・文部大臣賞受賞。1965年チャイコフスキー記念東京バレエ団入団。以降、「くるみ割り人形」クララ、「レ・シルフィード」「シンデレラ」「かぐや姫」「ルスランとリュドミラ」等のタイトルロール、「海と真珠」「白鳥の湖」他、数多くの作品を踊る。 1970年から再度にわたる東京バレエ団のヨーロッパ公演、キューババレエフェスティバル、メッセレルガラ公演、東南アジア公演に参加・ボリショイ劇場、パリオペラ座、英国ロイヤルオペラハウス、ミラノスカラ座等で踊る。1991年よりチャイコフスキー記念東京バレエ学校教師を経て現在フリー。

 

002

瀬田統子
東京都荒川区出身。 私立星美学園短期大学 幼児教育学科卒。10才の頃よりバレエを始め、中学生になると天野 陽子、鈴木 稔に師事。1993年に谷 桃子バレエ団入団、以降『白鳥の湖』、『ライモンダ』、『リゼット』などで主役を踊る。1999年~2001年には熊川 哲也氏率いるKバレエカンパニーに参加。『ジゼル』ではパドシスを踊る。
現在、ダンサーとして活躍する傍ら、よみうり文化センター町屋教室、川口教室のバレエ講師、スタジオエムカ特別講師も務める。

 

 

 

 

004

芝岡紀斗
東京都出身、8歳からダンスを習い始める。
1992年 東京バレエ団入団以後バレエ団の全公演に出演。
バレエ団では「白鳥の湖」スペインの踊り、「眠れる森の美女」の四人の王子、「くるみ割り人形」のアラビアを始め、「ドン・キホーテ」のドン・キホーテを演じる。
ベジャール作品では「春の祭典」のリーダー、「火の鳥」のパルチザン、「ペトルーシュカ」のマジシャン他、「M」の航海士、「くるみ割り人形」の光の天使等個性あふれる踊り、演技で好評を博した。バレエ団退団後、フリーで活躍しながら2006年2月東京バレエ団でのウラジミール・マラーホフ新演出の「眠れる森の美女」公演にマラーホフの指名で賛助出演。圧倒的な存在感で好評を博した。現在は、多くのスタジオでバレエだけでなくジャズなどの幅広い舞踊の才能をいかしたインストラクター・振付師として活躍する。